本格的な陶芸体験/瀬戸品野陶磁器センター01

おでかけ
スポンサーリンク
アメリカ人が初めての陶芸体験!前編・品野陶磁器センター/愛知県瀬戸市

品野陶磁器(とうじき)センター 陶芸(とうげい)教室(きょうしつ)

【体験内容】

 愛知県瀬戸市にある品野陶磁器センターでは、陶芸と絵付けの体験ができます。

今回は、アメリカ人が陶磁器センターで初めて陶芸体験する様子を動画で紹介しています。

ここでは本格的な「電動(でんどう)ろくろ」を使って、初心者の方やお子様でも楽しく作品を作ることができます。また、機械(きかい)を使わない「手びねり」では、自分の手で粘土をこねて作品の形を作ります。

世界にたったひとつのオリジナル作品を作ってみませんか?

営業時間内は時間制限なく作品作りができるので、ついつい作業に没頭(ぼっとう)してしまいます。

出来上がった作品は、約1ヶ月後に郵送、または陶磁器センターにて受け取りが可能です。

出来上がりまでが楽しみですね!

気さくなスタッフさんが優(やさ)しく丁寧(ていねい)に教えてくださるので、陶芸経験者(とうげいけいけんしゃ)の方はもちろん、初めての方も気軽に参加してみてください!

【費用】

実習費(じっしゅうひ)→大人1,620円、子供(中学生以下)1,080円。

作品数や粘土の量に制限(せいげん)はありませんが、焼成代(しょうせいだい)が別途(べっと)必要となります。作品の重さや数量により焼成代が決まります。

参考:[手びねり作品は100gにつき108円、ロクロ作品は100gにつき216円]

今回の手びねり作品の場合、兜(かぶと)は600gで648円、フンコロガシは2個で500gで540円。 ろくろ作品では大きなタンブラーは600gで1,296円、並サイズのタンブラーは400gで864円でした。*こちらはあくまでも参考です。実際の金額は作品が仕上がったらその場で計量して計算します。

また、作った作品に着色する色は、9種類ある釉薬(ゆうやく)の中から好きな色を選ぶことができます。

電動ろくろ

住所〒480-1207 愛知県瀬戸市品野町1丁目126−2  道の駅『瀬戸しなの』内。🚗高蔵寺駅(こうぞうじえき)からタクシーで約20分🚍名鉄(めいてつ)尾張瀬戸駅(おわりせとえき)より名鉄バス「品野坂上」(しなのさかうえ)停留所(ていりゅうじょ)下車(げしゃ)、徒歩(とほ)10分
電話番号81-0561-42-0958
営業時間10:00-16:00(12:00~13:00は休憩時間)
支払い方法現金
ホームページhttps://www.to-gei.jp/https://www.toujiki.or.jp/
駐車場あり
Wi-Fiなし
その他焼成に約1か月かかるため、国内・海外発送も可能です。配送料は店舗(てんぽ)にてご確認ください。